本屋さんへ行こう!

書店員のオススメ読書日記

本文です
前の記事

            小説やマンガが原作の映画やテレビドラマ51 が本当に増えたなぁと感じている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。書店員として販売機会が増える、というだけではなく、原作の面白さを認めてもらったような気がして嬉しくなったりするのですが、原作ファンとしては、自分の思い描いていたイメージと違ったりしてがっかりすることも。そのかわり自分が思ったとおり、それ以上のジャンルミックス作品に出会えたときの嬉しさは格別です。

 『皇国の守護者』はもともと中央公論新社のC・ノベルス・ファンタジアから出版されている佐藤大輔 著のファンタジー戦記小説。竜あり超能力ありの骨太な物語です。これを原作としたマンガがウルトラジャンプで連載されており、最新刊5巻が発売されました。

 小心でありながら、豪胆な部分も持ち合わせている、新城直衛という主人公の造形、描写がとても魅力的で原作を知らない方にこそお勧めしたい作品です。また、竜や剣牙虎(サーベルタイガー)などのファンタジー的登場人物たちも素晴らしいです。戦争のシビアな部分もきっちり描かれており、読み応えも充分です。

 残念ながらマンガ版は5巻で完結となってしまいましたが、「皇国の守護者」の物語はまだまだ続きます(何しろノベルス版は今のところ9巻まで出ていてまだ終わっていません)。続きが気になる方はぜひ原作も手にとってみてください。

出版社名:集英社
書名:皇国の守護者 5巻
著者:佐藤大輔・伊藤悠
定価:620円
カテゴリー:コミック
(ブックファーストルミネ新宿2店 髙木 京)

前の記事

当ブログの記事へリンクを張った方はトラックバックをどうぞ。ただし、当ブログの編集スタッフによって事前に確認した後で掲載します。基準は<トラックバックに関する編集方針>をお読み下さい。

売れ筋の本からマニアックな専門書まで、本のことを知り尽くしている書店員さんがオススメの本を紹介する読書日記。書評だけでなく、時には誰も知らない書店の裏話などが聞けることも!?読書好きな人必見のブログです。

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31